アラフォー10㎏ダイエット成功者アラフォー10㎏ダイエット成功者

中年でダイエットをしているが、ダイエット中の夜の食事と朝食について知りたい方へ。

「現在、アラフォーでダイエットをやっているけど、どういう夜の食事、朝食の食べ方が良いのかわからない。

本記事では、そんな皆さんの悩みを解決します

記事の内容

◎中年のダイエットの夜の食事と朝食のとり方を解説します!⑩

この記事を書いている私は、ダイエット歴10年です。

中年になりアラフォーで最大78kgから68kgまで10kgダイエットに成功しました。

 

アラフィフのダイエットでは、夜遅い食事はNG!

アラフィフ、アラフォーの中年では、夜遅い食事は良くありません。

 

夜遅くに食事をするデメリットは2つ

夜の食事で気を付ける際、大きなデメリットを知っておく必要があります。

なぜ、夜遅い食事が良くないのか?

睡眠中はエネルギーを使わないから。

私たちは、睡眠中に身体を動かしません。

起きている時間は、立つ、座る、歩く、階段を登るなど身体を動かします。

しかし、寝ている間は、全く身体を動かすことは無く、休んでいる状態です。

ほとんどカロリーを消費しない時間です。

その為、寝る前の 夜遅くに食事をすると、ダイエットには、不向きですね

夜間は、栄養分の吸収が良くなるから。

夜間は、身体の中で、吸収を良くするホルモンが分泌されます。

その為、栄養分の吸収がとても良くなります。

ですから、夜遅くに食事をとって、そのまま寝てしまうと、吸収が良くなり太ってしまうわけです。

 

成長ホルモンは、寝ている時に分泌されます。

寝始めてから熟睡している時間に分泌されると言われたり、

22時から2時くらいに分泌されると言われる説があります。

子供たちが、身長を伸ばしたかったら、身体を大きくしたかったら、この成長ホルモンの出る時間を大切にしましょうと言われます。

逆に、アラフォー、アラフィフなどの中年では、とにかく太るのをさけたい、と願っている方々がばかりでしょう。

寝ている時間は、成長しやすい

だからこそ、寝る前に食べるのは、控えた方が良いですね。

お相撲さんは、体重を増やすために、食べて、寝る。

余談ですが、お相撲さんは、勝負に勝つために、練習をしますが、体重を増やすことも大切にしています。

太るための努力をしています。

相撲では、体重が多いことがメリットになる特徴があります。

その為、彼らは、普通の人の何倍もがっつりと食事をします。

そして、食後は、睡眠時間を取ります。

食べて → 寝る

を太る為に、体重を増やすために実践しています。

ですから、ダイエットでは、 食べて → 寝る はNGです。

オリンピック金メダリストは、太りたくないから21時以降は食べない。

私は、体育学部出身なのですが、通っていた大学にオリンピック金メダリストの大学教授の方がいました。

陸上の三段跳びの世界チャンピオンで、スラッとしてスタイルの良い方でした。

彼は、現役を引退し大学教授をしていましたが、夜、楽しい食事会や飲み会があっても、21時以降、一切食べることをしませんでした。

元々アスリートであったこともありますが、彼は、『 太りたくないから 』 と語っていました。

寝る前に食べると太るから、というのが理由です。

 

中年ダイエットの夜食に良いメニュー

中年のダイエット中でも、夜、沢山食べても大丈夫です。

しかし、食べるものを選ぶ。

その感覚は大切です。

なんでもかんでも食べていれば、明らかにダイエットは成功しませんよね。

だからこそ、何を食べるかが大切です。

 

おすすめは、夜、野菜食を増やすこと。

普通に好きな物を食べよいですが、メニューの中に、野菜類を増やしたら良いですね。

このサイトにも掲載している 『気軽で簡単なダイエットメニュー』 でも、野菜のメニューが多いです。

好きな物を食べ、飲む中に、野菜のメニューを入れる。

 

私は、以前、夕食に一品、野菜食を入れていましたが、今は、更に増やしていますね。

ビールを飲み、肉、魚を食べながら、野菜を味わう。

野菜が美味しければ、野菜を喜んで食べられますからね。

野菜は、カロリーが少ないから夜食べるには最適ですよ。

 

中年のダイエット中、朝食を抜くのはNG!

 

中年のダイエット中、朝食を抜くのは、よろしくありませんね。

それには理由があります。

朝食を抜くと更に栄養を吸収しようとする。

食事と食事の間の時間が長く空くと、一時的に身体が飢餓状態になります。

その時、身体は、次に入ってきた食事からできるだけ栄養を吸収しようとします。

ですから、朝食を抜くと肥満は加速します。

 

私は、以前、朝、食事をしていませんでした

たいてい、朝は、コーヒーのみで、1日2食。

昼と夜に食事をする生活をしていました。

朝食を抜けば、カロリーを摂取しないので、ダイエットに効果的かな、と勝手に思っていました。

しかし、それは、大きな間違っていました。

 

朝食を抜くとお腹がすくので、昼食をガツガツ食べて太る

ダイエットのために朝食を抜くと、どうしてもお腹が空いてしまいます

その為、昼食の時に、お腹が空いてガツガツ食べべてしまいます。

すると、早食いになってしまいます。

満腹になるまでには時間がかかりますから、早食いをすると満腹になっておらず、結果的に、食べすぎてしまいます。

食べ過ぎれば → 太ります

 

また、不思議なことに、朝食を取らないと、夕食前もお腹がすきます。

朝食と昼食をきちんととると、夕食前のお腹の空き方が、少し緩和されます。

めちゃくちゃお腹が空いている、とはならないのですね。

これは、私の経験談です。

 

朝食をとるようになってからダイエットが効果的になりました。

1日3度の食事を取ることで、お腹が急激にすかなくなったんです。

 

まとめ:中年のダイエットの夜食と朝食のとり方

①アラフィフのダイエットでは、夜遅い食事は控えましょう。

理由

(1)睡眠中は、エネルギーを使わないので。

(2)夜間は、栄養分の吸収が良くなるので。

 

②お相撲さんは、太る為、体重を増やすために、『食べて→寝る』を繰り返します。

③オリンピック金メダリストは、太りたくないから21時以降は食べない。

④夕食にたくさん食べたかったら、カロリーの少ない野菜のメニューを増やしましょう!

⑤朝食を抜くのはNG

理由

(1)朝食を抜き、食事間が空くと、飢餓状態になり、更に栄養を吸収しようとするので

(2)朝食を抜くとお腹がすくので、昼食時にガツガツ食べてしまう。

 

ということで、中年のダイエットの夜の食事と朝食の取り方を考えると、ダイエットが効果的になりますね!